お 題目 を 唱える。 唱題に関する、池田先生の指導をご紹介します。 「お題目をあげるとどうなる...

これって ホント? : 真実を語る(真実が知りたい)

お 題目 を 唱える

はじめたばかりなので全く無知で申し訳ございません 相談ありがとうございます。 辛く嫌なことはすべてぼくに話してごらん。 題目をつけるときのポイント 題目をつけるには、以下のポイントに気をつけます。 百万言の指導より、百万冊の哲学書より題目です。 研究対象と論点 あなたが取り組んでいる研究対象と、論点が最低限伝わらないといけません。

次の

題目を唱えるということが、どうして大事なのか、なぜ功徳があるのか、これは凡夫の理解力をもってしては解しがたい問題である。

お 題目 を 唱える

本来の題目の唱え方 はたして日蓮聖人ご本人は 「南無妙法蓮華経」又は「南無妙法蓮華經」を どのように唱えていたのだろうか? 現代の諸宗派や諸会派で行われている発音やイントネーションなどと どこがどう違うのか はたして日蓮聖人ご本人は 「南無妙法蓮華経」又は「南無妙法蓮華經」を どのように唱えていたのだろうか? 現代の諸宗派や諸会派で行われている発音やイントネーションなどと どこがどう違うのだろうか? 日蓮聖人は 「南無妙法蓮華経」又は「南無妙法蓮華經」を 「題目」と言い 「題目」を唱えることを 「唱題」と言い 上下を問わず当時の人に強く勧めました 現代でも『法華経』又は「法華經」を信仰する宗派や会派は多く存在します (例えそれが建前だけのものであれ明らかにまちっがっているものであれ) しかし肝心要の「お題目」であるはずの 「南無妙法蓮華経」又は「南無妙法蓮華經」の発音やイントネーションが この日本というわずかな小島の中でというのに 会派によって細かい部分がバラバラです そこでこの問題の一つの解決として お祖師様の日蓮聖人は 「南無妙法蓮華経」又は「南無妙法蓮華經」を どう発音していたか? どのようなイントネーションで どれくらいの速さで どの法具を用いて あるいは用いないで 唱題をしていたのか? このことについて 分かりやすく知っている人がいたら答えてください 又はその人の話を聞ける場所を教えてください こちらから出向きます 又はこのことについて 分かりやすく書かれている 参考文献やインターネット上の情報があれば 教えてください 今回は 日蓮聖人ご本人が題目をどう唱えていたかについて 特化した質問です ですから 何に対して唱えなければダメだとか 日蓮正宗ではこう唱えているから他のはすべて間違いだ などの全く説得力のない言いがかりはやめてください どうしてもやめられないのなら 創価学会の人相手に似た者同士でいつまでも言い掛かりをつけあっていがみ合うのをお楽しみになってください もちろん説得力のある歴史的な考証がされるのであればそれが仮に日蓮正宗であっても意見は採用するつもりです その他マントラとして効果を考えれば 日蓮聖人ご本人がどう唱えていようとそれとは別問題として こういう唱え方をした方がより効果的であろうということもあろうかと思いますが この件につきましては話が混乱しないように 改めて話題にしたいと思います どのような立場の人でも結構です 知っていることがあれば教えてください 多様な意見をお待ちしています 私がではなく多くの人の疑問を晴らすことができる重要な質問になると思います よろしくお願いします 長くなりました 最後までお読みいただきありがとうございます 補足storaiさん ありがとうございます より詳しく補足で教えていただけないでしょうか 日蓮真筆の遺文などで 仮名で何か記述があれば 決定的な資料になると思うんです 何しろ筆まめな日蓮聖人のことですから どこかにないでしょうか 日興上人の遺文などで 仮名で記述があれば やはり決定的な資料になると思います その他の古文書に何かしらヒントになる記述があれば やはりかなり参考になると思います よろしくお願いします 『日蓮正宗ではこう唱えているから他のはすべて間違いだ などの全く説得力のない言いがかりはやめてください』 とありますのでそういった主張はやめておきます。 どのような信心に立てば祈りは叶うのか。 そして昼間は外だと不安なので声に出さないで心の中で唱えていても良いのでしょうか? 家の中では常にお香を炊いて必死に落ち着かせようとしています。 妻が夫を愛しいと思うように、夫が妻のために命を捨てて戦うように、親は何があっても子供を捨てないように、子供が親からけっして離れないように、法華経・釈迦(しゃか)・多宝・十方の諸仏菩薩・諸天善神(以上のすべての徳を具えるのが南無妙法蓮華経の御本尊)に信を入れて、南無妙法蓮華経と唱えていくことを、信心というのです。 どちらも功徳があると言っているわけですが、さて信徒さんの感想はどうでしょうか? 『ナンミョウホウレンゲキョウ』と唱える日興門流ではどこの信徒さんも『元気になる』『歓喜が湧く』などの効果があると発言しています。 それゆえに、神社にお参りしないことを(日蓮大聖人は)明らかに説かれているのでございます。

次の

勤行・唱題の意義 姿勢や心構え ~ご歴代上人のご指南を拝して~

お 題目 を 唱える

宿命転換ができないわけがありません。 生命を賭けた戦いに福運はつく。 そしてお題目とご真言一緒に唱えていいのでしょうか?宗派違いますし毎日唱えて良いのか悪いのか、それともお題目だけ唱えて居たほうが良いのでしょうか? 今は子供(知的障害児)も言語障害があり上手くはないですがお題目をゆっくり一緒に唱えています。 皆のが一緒にならないと、戦いがうねりになって行かないのです。 これはノルマとして考えてストレスを生ずる必要はないのです。

次の

これって ホント? : 真実を語る(真実が知りたい)

お 題目 を 唱える

『ナムミョウホウレンゲキョウ』は効果が低い。 しかし仏様の見守ってくださる慈悲の心は、誰にでも仏になれる、お悟りが開けるという思いで、平等なのです。 奥底の一念が汚れ、力弱かったために、それらの働きに引きずられていたのが、今度は強き一念によって、それらを逆に引きずり、用いていくのである。 口に折伏を言わずんば、口が謗法に同ずるなり。 もし諂曲 てんごく する(こびへつらったり、他人をだます)もの、嘘、偽るものの心には神は宿らない。 この御金言は、見宝塔品第11の「譬えば大風の小樹の枝を吹くが如し」 P388 の経文について、大聖人が講義なされた口伝です。 どうしたら良いか?という質問でした。

次の

題目を唱えるということが、どうして大事なのか、なぜ功徳があるのか、これは凡夫の理解力をもってしては解しがたい問題である。

お 題目 を 唱える

故に、何ものも恐れることはありません。 御本尊も十界、私たちの生命も十界です。 唱題に励むとき、大宇宙の根本の法則である妙法と、わが生命が融合する。 唱ふる数には定まりがない。 なさい。 ひどい心の傷を受けた日だって、そんな時はぼくの心の扉をノックしてごらん。

次の

題目を唱える時の姿勢

お 題目 を 唱える

「法」は仏教の開祖である仏陀(ブッダ)の教えを意味しています。 この南無妙法蓮華経は、即、八万法蔵であり、宇宙の万法であり、大宇宙のリズムである。 生活の上で見栄をはってはいけない。 「南無妙法蓮華経」と「南無阿弥陀仏」の違いがわかりましたか? 簡単に言ってしまうと、同じ仏教でも宗派が異なるから、唱える言葉も異なるということになりますね。 南無妙法蓮華経とお唱えすることは、久遠実成のお釈迦様が常に見守ってくださる。 況 いわん んや外見これ有るべからず。

次の