したたか 類語。 「したたか(強か)」の 意味は?「したたかな女」ってどんな人?|語彙力.com

「したたか」の意味・使い方|類語・英語表現と例文を解説

したたか 類語

特に、女性に使われる場合が多く、「したたかな女」というと、同性から嫌われるという印象が強いです。 一般的には、• そして、そのような性差別的な偏見が、「したたかな女」の意味を悪い方にねじ曲げる要因のひとつになっている、といえるでしょう。 自分にとって利益になる人の表情や心理を読み取り、人の喜ぶ行動をして気に入られるように振る舞います。 したたかな女は利用できると判断した相手には、とても良い人間のように振る舞いますが、利用価値が無い人に対しては、とても残酷に対応します。 したたかな人の特徴でもある計算高くて頭の回転が速いという力を、周りの人のために使ってみてください。 2019年8月23日• 「圧力に屈しない粘り強さ」という表現で意味を表した場合も、「強い」が持つ「物事に屈しない精神力がある」や「物事に耐える力がある」の意味とつながります。

次の

強いの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

したたか 類語

したたかな人は、最初から自分の望む展開を明らかにせず、相手の考えや心理を探る物言いで語り掛け、周囲には善意から述べていると印象付けながら相手に「ノー」と言わせない形へ持っていく話し方が上手です。 したたかな女・したたかな男になる方法1個目は、情を捨てる事です。 「したたか」という言葉の前後などから、相手が本当に伝えたいのがどんなことなのかを推測する必要があるということです。 下の記事で男性もビビる怖い女の特徴を詳しくご紹介しています。 「したたか」には「圧力に屈しない」の意味がありましたが、その意味が「しぶとい」とつながります。 ・ほんわかとした見た目によらず、なかなかしたたかな男なのである。

次の

「したたか」の意味・使い方|類語・英語表現と例文を解説

したたか 類語

以下の診断結果を参考に、ほどよいしたたかさを身に着けましょう。 自信を持つためにぜひ参考にしてみてくださいね! 強かな女の特徴4個目は、負けず嫌いという特徴を持っています。 「したたか」における「強くて手強い」の意味に用いられているのは、「物事に屈しない精神力がある」と「物事に耐える力がある」です。 「したたか」の類義語には、「はなはだしく」「すさまじく」「剛胆な」「強靱な」「豪腕」「辣腕」「ずぶとい」などがあります。 ・「 元気盛ん」 「元気」は、「心身の活動と源となる力」という意味です。 1つ目は「人に媚びを売る」です。

次の

「したたか」の意味と使い方・読み方・したたかな人の特徴・類語

したたか 類語

「私はこう思います」という意志を貫く姿は、揺るがない意志があることをアピールすることに繋がります。 お金持ちの男性の妻になるために、不倫して略奪したり、好きでも無い男性と結婚も出来ます。 やらせ上手 この項目の冒頭で述べたとおり、したたかな女性の場合は、自分を相手より一段下げることについて、したたかな男性よりも抵抗が少ない傾向にあります。 「欲張らず、むだに戦わずしたたかに生きる」という、本書のサブタイトルに納得させられる1冊です。 ・小さな頃から強健で、学生時代はずっと皆勤賞をとっていた。 謙虚さを忘れず、常に謙虚でいる姿勢を心がければ、周りから嫌われるようなしたたかな女性とは思われにくくなるでしょう。

次の

したたかの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

したたか 類語

・自分の意見を聞いてもらうには、時にしぶとさも必要である。 「盛ん」は、「普通より勢いがいい・栄える様子」を表現した言葉です。 隙を見せない したたかな女性は、したたかな男性と概念は同じですが、そのためのアプローチの仕方が違います。 強い女は誰も守ってはくれないので、損するからです。 しかし、先ほども述べたように、本来「したたか」は褒め言葉でした。 他人を案内するために雇われている人 の意• 犯罪スレスレの罠を仕掛けて、人を陥れたり手に入れたりします。

次の

したたか(強か)の意味と類語とは?したたかな女の特徴5選!

したたか 類語

例文 ・兄は、幼いことから我慢強く、わがままを言って自我を通す姿を一度も見たことがない。 したたかには「しっかりしている」という褒め言葉の意味もある したたかには「しっかりしている」という意味もあります。 知らないうちに計算高いと周囲に思われてしまうこともあります。 ブレない意志を持つことは、悪いイメージを払拭する手助けをしてくれるでしょう。 ) まとめ• ・「 神経質」 「神経質」は、「 情緒的に不安定で、わずかなことにも過敏に反応してしまう」といった細かいことまで気に病んでしまうような性格のことをいいます。 例文としては、「あの人はしたたかに生きてきた」や「苦難に負けずしたたかに生きる」などかあります。 バレるような嘘はつかなかったり、嘘をついたなら徹底的に嘘をつき通すというようなタイプです。

次の