ドコモ デジタル機器補償サービス。 ドコモのネットトータルサポート月500円は安い?ネット初心者必見

デジタル機器補償サービス

ドコモ デジタル機器補償サービス

\ SNSでシェアしよう! / 熱湯ネット|インターネット回線の〝熱い〟情報を掲載中!の 注目記事を受け取ろう• (ドコモの携帯契約がなく、ドコモ光の新規お申込みと同時申込みの場合のみ、ドコモ光の工事完了日から無料期間が適用となります。 あんしんナンバーチェック・・・迷惑電話や詐欺などの危険電話からの着信をブロック 月額料金 200円• 例えば、テレビもパソコンもゲーム機も、据え置きであれば落下も衝突も破損もほとんどないでしょうし、データ破損についてはしっかりバックアップをとっておけばいい話です。 今更補償に入っておけばよかった・・・と思っている方、これから機種変更をするために補償に入る事を検討している方は 是非、ご利用ください。 (月額料金380円の契約者は3年間上限5,000円まで無料) ケータイデータ復旧代金の割引 水濡れた破損などでデータが取り出せなくなってしまった端末から、電話帳などのデータを復旧するケータイデータ復旧サービスの復旧代金を割引してもらえます。 ただし、 「ネットトータルサポート」に加入しなくても電話やチャット、メールによるサポートは受けられるので、そこまで手厚いサポートはいらないという方は加入する必要がないとも言えます。 補償の請求にあたっては、当社が別に定める修理等申請書、補償対象機器の購入日を証明する証憑(保証書、レシート等の原本)、補償対象機器の送付(テレビプランは除く)が必要です。

次の

ドコモのあんしんパックモバイルとあんしんパックホーム/新あんしんパック詳細解説

ドコモ デジタル機器補償サービス

物によっては在庫がないと違うカラーになったりなども起こり得るというわけですね。 ネットトータルサポートの訪問サービスの利用を検討している方は、プロバイダのサポートサービスを活用し、お得にサポートが受けられないか前もって確認しておくことをおすすめします。 なお、今回のリニューアルに伴い、「あんしんパックプラス」の新規申込み受付を終了する。 「そういえばあんしん遠隔サポートって使ったことないな」という方はこの機会にあんしんパックの見直しを、「故障しても補償サービスを使ったこと無いな」という方は契約期間によってはケータイ補償サービスの見直しを考えてみてはいかがでしょうか。 「あんしんパックモバイル」と「あんしんパックホーム」を合わせると月額料金が単体契約の料金よりも 950円安く契約することができます!! 気になるオプション料金の内訳は以下のようになります。

次の

安心サポートサービス

ドコモ デジタル機器補償サービス

デジタル機器補償サービスとは 月額500円で、ネットにつながる様々な機器の故障・破損の際、修理費用や交換費用を補償してくれるサービスです。 電話で解約申込みをする方法• 「料金明細発行サービス」に申し込むと、当月と過去4ヶ月分までのドコモの通話・通信の料金明細内訳書を発行してもらうことができます。 my docomo内の契約内容確認などオンライン手続き• 配送エリア 東京都23区内/大阪府大阪市内の指定住所。 とりあえず、それぞれを長期で利用した場合の月額料金総額をまとめてみます。 以前よりもバージョンアップしたと捉えてください。

次の

ドコモが「あんしんパック」をリニューアル 「ケータイ補償サービス」拡充も

ドコモ デジタル機器補償サービス

データ保管BOX(ウイルススキャン)・・・データ保管BOX内にあるファイルのウイルスを検出• もしこれから機種変更を考えている人で特にiPhoneの人なんかは ドコモのケータイ補償に入ったりするよりは こちらのさくら少額短期保険のモバイル保険に加入した方が 毎月のお金も、更に故障や修理に出した際の負担するお金も断然お得になる! ということでおすすめできます。 あんしんパックモバイルはあんしんパックとして現在提供しており、故障・水濡れ・盗難・紛失などのトラブルやオペレーターによる使い方のサポート、セキュリティ対策を含む「ケータイ補償サービス」「あんしん遠隔サポート」「あんしんセキュリティ」をまとめて利用できる。 ちなみに、それ以外の料金は現状の料金が継続です。 このサービスは基本的には良質なオプションなのですが、ある程度スマホを使い慣れているユーザーにとっては不要なサービスです。 来店予約は直接お店に電話するか、公式サイトの来店予約のページから2ヵ月先の予約が可能です。

次の

ドコモ、「ケータイ補償サービス」でスマホを即日交換可能に

ドコモ デジタル機器補償サービス

その二つを合わせて「あんしんパック」という構成になります。 但し、上限6万円なので、MacBookPro等は、補償内では治せない可能性もあります。 そう、 そんな時にはこれから紹介する保険が一番おすすめになってきます。 あんしんパックモバイルとあんしんパックホームを両方とも含む、新「あんしんパック」は、上記のケータイ補償料金に+1,000円することで、利用することができます。 何を目的とし、どこまでの補償を必要とするかによって利用するかしないかの判断は変わってきますが、そもそも今まで自宅のデジタル機器に補償をかけたことなどなかったし、それを必要としたこともなかった、という人にとっては、デジタル機器補償サービスもあんしんパックホームも、差し迫って必要には感じられないと思います。 修理サービス、修理代金の補填、好感品の提供です。

次の

ドコモ光のネットトータルサポートのサービス内容や申し込み方法を解説

ドコモ デジタル機器補償サービス

それは、デジタル機器補償サービスは、申し込み後に解約をした場合、1年間は再契約をすることができない、という点です。 ドコモの補償サービスは過失による故障の場合は購入後の年数が問われません。 ドコモインフォメーションセンターは、時間帯によって混雑しやすく繋がりにくいので、基本的にはネットトータルサポートセンターへの連絡がおすすめです。 それまでは補償を使うことができません) 「補償対象機器購入後から」でも「ドコモ光申し込み日から」でもありません。 「デジタル機器補償サービス」は、パソコンやテレビ、ゲーム機、プリンターといった、「ドコモ光」などにつないで利用されているデジタル機器の故障や破損を補償するサービス。 しかも、補償対象機器の場合は事前に機器登録をしなくても複数台補償を受けることが出来ます。

次の

ドコモ光契約者は必須!?デジタル機器補償サービスについて解説!

ドコモ デジタル機器補償サービス

・Windows 10(32ビット/64ビット)• 故障時に支払う修理代金や交換費用だけを考えると安いかもしれませんが、トータルで考えるとかなりの出費になっているのです。 ドコモの新しい補償サービスとして、 デジタル機器補償サービスが2019年7月を目途に開始されます。 2ページ目のドコモサービスパック内にあるあんしんパックプラスの構成サービス・ネットトータルサポートの横ボタン「解約」をクリック• 「ネットトータルサポート」とは、ドコモ光が提供しているインターネットに関する困りごとを、電話やリモートサポート、訪問サポートで解決してくれるサポートサービスです。 本サービスはお申込受付日の2ヵ月後を利用開始日(フレッツ光と同時に申込いただき、フレッツ光の利用開始日が申し込み日から2ヵ月を超える場合はフレッツ光の利用開始日)とし、補償を開始します。 しかし、 残念ながら「回線ご負担額」はドコモ光の料金を0円にする割引ではありません。

次の

ドコモ光のネットトータルサポートのサービス内容や申し込み方法を解説

ドコモ デジタル機器補償サービス

iPhone 11 Proで1,000円、iPhone 11だと750円です。 自然故障の場合、メーカー保証期間中は対象外となるため、その場合まずはメーカー保証の利用を考える必要があります。 ドコモ光に関することだけではなく、インターネット全般の問題や疑問が相談できるので頼もしいサービス内容となっています。 機器は個人利用(業務用ではない)であることが条件です。 修理対応、交換対応の可否については、機器ごとに確認しておいた方がいいでしょう。

次の