さっちゃん 歌 怖い。 童謡『サッちゃん』4番の歌詞?10番まであるの?

さっちゃんの歌詞の意味が本当は怖かった…?【都市伝説】

さっちゃん 歌 怖い

実際に「さっちゃん」の作詞家である 阪田寛夫は彼女の父親である阿川弘之とかねてより交友関係にあり、更にいえば家が近所だったこともあるようで、つまり状況証拠的にもバッチリなのだ。 そして、こ の男子は3日後に足のない死体で発見されたとか……。 三日以内に佐知子さんが現われるかもしれません。 に 匿名 より• なお最後に紹介した『花子さん』の『さっちゃん』には続きとなる作品が存在している。 遊郭という名の籠から助け出してくれる人といつ出会えるのか、という切ない遊女の気持ちを歌っているという説です。

次の

さっちゃんの施術はすごすぎて怖いくらい

さっちゃん 歌 怖い

足を轢かれて歩けないためおべべをとりにこれない、ということなのでしょうか。 小学校の先生の解説 では、お姉さんはお嫁に行ったのではなく、人身売買でどこかに売られていってしまったということでした。 では、なぜ都市伝説中において北海道の室蘭が舞台とされるのでしょうか? 「テケテケ」から派生した この「サッちゃん」の都市伝説は有名な「テケテケ」の内容に類似しています。 遊女説 「籠の中の鳥」が 遊女を表しているという説もあります。 続編ではなんと彼女の姉まで登場し、また退散用のアイテムも バナナからリンゴに変更されているようだ。 。 死んでしまった女の子のことを歌っているとの都市伝説があります。

次の

【都市伝説】さっちゃんはねの歌が怖い?4番以降の歌詞についても紹介

さっちゃん 歌 怖い

発展した『さっちゃん』には幾つかのパターンがあります。 切ない話ですね。 これは、北海道の室蘭という所で本当に起こった事件をもとにした歌だそうです。 また7番目以降は、• あるいは歌詞の内容が映像化されるということも、PVだとかミュージックビデオを除けば珍しいことではあるが、それにつけてもなくはない。 しかし、この歌詞の内容をよく見ると、 死とも受け取れる内容の歌詞になっていると、近年色々な推測が行われています。 もともとの童話がそういう話ですが、恩を仇で返す的な話です。

次の

歌のサッちゃんの真相(安心した)

さっちゃん 歌 怖い

特にFLASHという動画形式が流行した一昔前にはこの手の映像化された曲が多く存在した。 5「サッちゃんはね 線路で足を なくしたよ だから お前の 足を もらいに行くんだよ 今夜だよ サッちゃん」 6「サッちゃんはね、恨んでいるんだホントはね だって押されたからみんなとさよなら、悔しいね あいつらだ サッちゃん」 7「サッちゃんはね 仲間がほしいのほんとにね だから君も連れて行ってあげる やさしいでしょ?サッちゃん」 (引用:ななぽょオフィシャルブログ) サッちゃんの8番、9番、10番の歌詞は?. そんなとき「晴娘」が家の屋根に上がり、雨が一刻も早く上がるように祈りを捧げました。 メタルギアのマガジンみたいですね。 呪いの4番 以下が「呪いの4番」と言われている歌詞です。 サッちゃんはね 線路で足を なくしたよ だから お前の 足を もらいに行くんだよ 今夜だよ サッちゃん どうもメロディに合わせて歌うのが難しいですが、上記のように歌えないことはないかもしれません。 どうも例の対談の後に、阪田寛夫氏本人から「 幼なじみの少女が幼稚園から転園したときの悲しみを思い出して書いた曲」と打ち明けられていたようなのだ。

次の

【都市伝説】さっちゃんはねの歌が怖い?4番以降の歌詞についても紹介

さっちゃん 歌 怖い

なぜ、さっちゃんは着物を置いていったのでしょうか? さらに謎として残るのが、『さっちゃん』は 4番目の歌詞にとどまらず、なんと その先の歌詞がまだあるという説です! 最終的には 10番まで歌詞があり、さっちゃんは 電車に足を轢かれて亡くなったとか……。 ・『歌詞に4番が存在する説』 ・『足なし幽霊説』 電車にはねられたサッちゃんが上半身だけの状態でさまよっているという話を知った人、もしくは歌の4番を知り歌った人の元へ夜中に現れ、失った脚の代わりとして脚を切断されてしまうか、殺害されてしまう。 ご注意ください。 作詞者の野口雨情の演奏旅行中に2歳で亡くなった次女のことを歌っているという説が有力です。 菊田さんは60年、夫の転勤で大阪を離れた。 彼女は腕を立ててはうように踏切の外にでました。 作詞者は当時高校生? 『サッちゃん』の作詞者は阪田寛夫氏で芥川賞も受賞したことのある著名な作家さんでした。

次の

歌のサッちゃんの真相(安心した)

さっちゃん 歌 怖い

ですが、あくまで都市伝説で信憑性のあるニュースや記事がなかったことから、誰かが歌って広まっていってしまった歌詞でしょう。 作詞者が死んでしまった子供のことを思って作ったという説があります。 ごめんなさい。 この説では 「かごめ」は 妊婦を、 「かごのなかのとり」は 胎児を指しているといわれています。 メタ情報• 最近はあまり童謡を耳にするシーンも減ってきたが、それでも不思議と子どもがハミングすることがあって驚かされる。 しかしあまりの寒さで血管が一時的に固まったため、即死ではなく数分だけ苦しみながら生き続けることができました。

次の

歌のサッちゃんの真相(安心した)

さっちゃん 歌 怖い

すると 長雨が嘘のように止んだのです。 「かごめかごめ」の遊びは、大勢で一人を取り囲んでぐるぐる回りますが、これは、どこかに閉じ込められている人のことを連想させ、遊女のことを歌った歌という説もあります。 に 笠島 より• Face Bookの私の投稿を読んで、中学時代の友人が施術を受けたいとリクトしてくれました。 事件の真相 事件の真相を探ってみましたが、 北海道室蘭市の踏切事故はただの都市伝説のようです。 下校途中の 桐谷佐知子ちゃん(14歳)は踏切で遮断機が降りてきていたので急いでわたりきろうと思い走りました。 かわいそうなサッちゃん。 なにも起きないとわかっていても、やはり気味が悪いですよね。

次の

さっちゃん の歌詞が怖い…この背景は?さっちゃんの歌詞が怖いと話題になって...

さっちゃん 歌 怖い

そんなまどろっこしいこと誰がするかと思われがちだが、しかし!なんと「 さっちゃん」ではその謎現象が発生しているのだ。 女子は、すごく怒ってやめさせましたが男子はそれを聞かず歌をどんどんひろめました。 本来は好物であるはずのバナナだが、目にした瞬間に鬼の形相で逃げるという、なんだか良くわからない展開に… もはや『 さっちゃん』がモチーフとカテゴライズして良いのかすら謎だが、怖さを追求しすぎた結果の破綻といったところか。 この「どうなるか」については、後付けであるのは確かでしょう。 に 匿名 より• 現代の情報化社会により、口頭でなくても簡単に事を伝える事が出来るため、形を変えて利用されて伝わってしまったことによりいつの間にか 恐怖の対象になってしまいました。 想像しただけでもゾッとしますね。

次の