フェデラー レシーブ。 豪華すぎるLaver Cup(レーバーカップ) 夢のフェデラー&ナダルのダブルス 実現

フェデラーのレシーブがひどい

フェデラー レシーブ

A ベストアンサー 入射角の問題です。 本来の立ち位置より気持ち後ろに構えて、スプリットステップを打つ前に二歩前進しましょう。 A ベストアンサー またまた補足いただいたので書き込んじゃいます。 もう一個蛇足ですが、サービスでは今一番ホットなのが、楽天オープンで錦織くんの決勝の相手をしたラオニッチという選手です。 」と説明されることがあります。

次の

テニス リターンの基本やコツ

フェデラー レシーブ

途中指摘するのはトスの位置を確認させることだけです 正しいリズムで打ってたらボールのある位置ににラケットがいきますのであたります。 「ちょっと待ったー」の声がしました。 力みがないことで、イレギュラーにも対応できますし、 自然にラケット面とボールがあってきます。 翌年のウィンブルドンでもブラウンが勝ち、ナダルが芝ではブラウンとやりたくないと言ったとか言わなかったとか。 このように、学習段階では正しい動きを覚えて、何度も繰り返し反復するような練習をすることが重要です。 まず、リターンの立ち位置は相手サーバーがスライスサーブ、スピンサーブを打ってくると想定したときの軌道をイメージし、その真ん中に立つことです。 スプリットステップのお話は、以上となります。

次の

フェデラーのサーブのフォームは理想的なのか?

フェデラー レシーブ

フェデラーは頭の上で右の人差し指を動かし、そこから正しい軌道に乗った。 この力みのなさは、 驚異的です。 自分に適した動きで打てているかどうかのチェックですが、壁打ちが有効です。 今年のO2アリーナのコートは、例年の「Nitto ATPファイナルズ」よりも速く、バウンドは低くなっているようだ。 ロディックのサービスの特徴は、上体の回転幅の大きさ・速さでしょうか。 やっているうちに、ラケットの引きも意識して早くし、速さには慣れて来た感じがしました。 下の方も書かれていますがフェデラーはここぞ!という時の力の出し方がどの選手よりもすごいと私は思ってますよ。

次の

「歴代史上最強プレーヤーは、、、?(男子編)」

フェデラー レシーブ

そのため、シンプルかつアレンジの効くリターンの技術を身に付けることが重要です。 。 また、本やテニス雑誌にしばしば書かれてるように、腕を伸ばしてボールに押しを加える感じもありません。 同じ力をボールに加える、ということであれば、止まるスライスは逆回転の量の多いボールとなり、滑るスライスはそれほどの逆回転の量でははなく、フラットに近いスライスということになります。 ) ボールに負けないようにすると、うまく順回転を掛けることが出来るフォームではなく、 ボールを押し返すほうに力が入りやすいフォームになり、ボールがオーバーすることも 多かった気がします。

次の

「歴代史上最強プレーヤーは、、、?(男子編)」

フェデラー レシーブ

最強を比較する上で参考になるのが、年間最高勝率です。 しかしATPツアーレベルの試合が500に満たないサングレンが素晴らしいプレーをし、サービスエースの数では27本対5本、ウィナー数の合計でも73対44と元王者を凌いだ。 A ベストアンサー サーブで大切なのはリズムとトスの位置(トスの高さが変わるとトスのタイミングも変わる、リズムが変わる) 少し勘違いしてる様な節がありますので申し訳ありませんが指摘させてください。 そこで、オールラウンダーを目指してサーブを改良したのだと思います。 そうした方は、動画を見てイメージのすり合わせをしてください。

次の

「歴代史上最強プレーヤーは、、、?(男子編)」

フェデラー レシーブ

(来年はシカゴだそうです) チームヨーロッパとチームワールドに分かれて、3日間戦いますがデ杯みたいな感じですね。 テニスのリターンの身体の使い方 理想的な打ち方では、効率的なエネルギーの伝達が出来る身体の使い方が求められます。 結果は フェデ&ナダの現役レジェンドペアが貫録勝ち。 ) 3 スイングを開始し、右ききの場合、左足のつま先の20~30cm前方でボールを捉える。 ビッグ3が上位にいますね。 これは力もいらず、 長らく使える技術になります。 ラオニッチやティーム、チリッチやアンダーソンも来ますね。

次の